Ni

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■最後の結末

 今日は台風の後もあってか素晴らしい快晴。あんまり天気が良いので布団を干して家を出た。
・・・そもそも、それが間違いだったのだ。


 午後になるくらいから天気がだんだん怪しくなってきて、パラパラ雨が降ってきたなと思ったら、それから雨は馬鹿みたいに降り続いていた。家に帰った頃、案の定、服はびしょ濡れになっていた。ご愁傷様。お陰で今日は布団にくるまれない。癒しが一つ減って残念だ。



 午前中は一限と二限にかけてテストで、前日にほんの少し目を通していたのでなんとか、というより結構余裕で解けた。毎日のように日記をつけたりしているこや、最近の活字ブームはレポートやテストの際に大きな役割を果たしてくれている。少し読めば、大抵のことは処理できるようになるし、一つの単語があれば、それから結構色んなことを連想することができる。経験が伴ってこその業だと思う。
 とはいえ、こういう論述がある程度書けるようになったのも(良し悪しは別として)、パソコンという大変便利なものがあったお陰に他ならない。パソコンが無ければいちいち文章なんて書くのは億劫だし、その他の役割についてもアナログのほうが何かと手間がかかる。
 金魚の場合、大学生活の大半がこのパソコンがあることによって上手く機能している。同時に、パソコンで処理できるようになった問題は、アナログでやったときもそれなりに意味を変換し、処理することができるようになってきたと思う。ただ、手間がかかるのに大変いらいらするのだが・・・。
 もしパソコンがなかったらなんてナンセンスなことを考えるのもアレな話だけど、パソコンがなかったらそれこそ劣等生丸出しだったと思う。日記なんかは、キーボードがあったからこそ書けたものだ。
 高校の時までに出していた読書感想文などは本当にひどかった。段落ごとに無意味な考察に至らない考察が続いて、「~と思います」を滝のごとく連呼していたことを記憶している。まあ、読書感想文を書けといわれて書くのは、今本当に読みたい本であるわけでもないし、ましてやその本を誰かに紹介したいという気持ちもないので、書こうと思ってもなかなか書けないのは当然といえば当然の話だけど、それにしてもそれまでは本当にひどかったのだ。まだ、今のほうが幾分ましになったと言える。


 午後からは図書室にて西洋美術史概説のレポートについて必要な事項を調べていた。それにしてもこの課題、やっていて確かに勉強になるとは思ったが、何故そうまでして百科事典を使わなければならないのか。
 今現在はネットが普及してほんとに便利な世の中になったと思う。大人たちはそのせいで子供たち仁自ら行動して考える力がなくなっていると嘆くし、ゆとり世代に対し馬鹿にしたりするけど(ちなみに金魚はその世代にはあたらない)、google先生だって、コピペディア先生だって万能ではない。調べなければいけないことは、様々な方法を使って調べる。ネットで無理ならば、当然その時は百科事典などの資料を手にとるだろう。
そもそも問題なのは、まず自分で調べないですぐ誰かに聴いてしまうことくらいなもので、調べるという工程はネットを解しても同義だと思う。
 個人の能力を尊重するとか言って、調べる矛先を限定してしまうのは単なるエゴ。私の時代がこうだったとか、アメリカではこうだからとか、そういうのを押しつけるのはやめてほしい。自分には、自分の考え方、方法論があるのだから。
 ほら、今日だって課題をやりたい学生が他にもいたかもしれないのに、金魚が百科事典の索引を全部持って行ってしまったではないか。方法が限定されると、予期せぬ迷惑というのも起こるものだ。


 前期も終わりに差し当たって、そのような限定された環境下で迷惑被る学生というのが多く見受けられる気がする。特にコンピュータ関係。
 施設利用に関してはうちの大学では一部、ライセンスを使用して、わざわざ予約を取らないと使えない部屋がある。ライセンスによって、パソコンの使用者を明確にして、悪戯されないようにするためだ。
 しかし、学校が保有するパソコンの台数及びアプリケーションについては、此処に差があり、バージョンの優れたものほど少ない傾向にある。他の大学はどうか知らないけど、うちの大学の場合はそんな感じ。課題提出前になると、そのバージョンの優れた部屋、そのアプリケーションが入っている部屋というのは予約でいっぱいになる。その予約も取れるのは次の日のぶんまでだそうだ。なんとメンドクサイ。予約がいっぱいだと、残念ながらその日は施設を利用することができない。
 この時期に、その日は残念だから施設は使用できないなんて自体が起こってしまうと、最悪の場合、課題提出に間に合わないかもということも推測される。学校側はできる限りの技術提供をしているらしいが、それに対して学生の割が合っていない。
 学生というか、人間の多くはぎりぎりになってから物事をこなすものだ。やりたくないことほど、後回しにされる。先だってこなせる器用な人間ほど少ない。子供の時から、夏休みの宿題を先に終わらせて、残った夏休みでいっぱい遊べばいいと再三言われてきたが、今まで夏休みの最後が潰れなかった話はない。こんな夏休みが子供にとっては常識だったし、大人社会だって、それは比重のかかり具合の問題で、だいたいそれと変わらない。そんなことは、これまでの人生やいわゆるアンケート調査における実体、メディアの陰謀などで十分推察できる域だと思う。大学生に甘えが許されないのはまあそうだけど、人間の行動がそのような性質を持っていることは、現場は常に把握するべきで、それに対する処置を少しは思案する必要もあると思う。学生のうちに優れたアプリケーションを入手できるというのはごく希だしね。
 ただ、学生自身も、もっと先だった行動を心がけるようにしないとねってことは認識しておいてもらいたいものであるが、まあ最終的には自分のほうにそのツケがまわってこなければそれでいい。



 それから本屋に行って会田誠の作品集に見とれる。立ち読みで全ページ読みふける。この人は天才かと思うし、自分ももっと画を描かなければなという衝動に駆られる。買えるものなら買ってしまいたいが、いかんせん今月もAmazonで買い物したせいで早速金がない。しばらく持ちこし。いつか家における日を心から楽しみにしている。



それではおやすみなさいまし
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

応援してます!

ブリッジ

せぶ

プロフィール

幻覚.

Author:幻覚.
★幻覚がその日興味を持った、記事(ゲーム、アート、映画、音楽、コンピュータ、食、文学、マンガetc...)を紹介してみているサイト。

★リンクはご自由に。一応相互リンクも募集してますが、うちの内容と明らかなズレがある場合、遠慮させてもらうかもしれません・・・

★何かありましたら下記までメールして下さいまし(☆の部分を@に変えましょう)

genkakukingyo
☆gmail.com

★日記はじめました
幻覚日誌

★それとついったーあどれす↓
twitter


☆トップ絵随時募集中・・・誰か描いて

ブログパーツ



ブロとも申請フォーム

いろいろ

この日記のはてなブックマーク数 あわせて読みたいブログパーツ
  • seo

検索

Google
WWW を検索
このブログ内を検索

拍手!

 →よろしければ拍手お願いします。コメントもここからどうぞ

ランキングエリア

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

逆アクセス

箱エリア



・・・はみでてるのはそのうちどうにかしますorz

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。